末永く安全運転をするために運転免許更新時の講習について再確認をしましょう

>

高齢運転者にも読んでもらいたい内容

高齢運転者の講習とは?

70歳以上の人で運転免許更新の講習を受ける場合は、高齢者講習の受講となります。70から74歳の人は、映像視聴や指導員の講義を受けた後、機材を使用して動体視力などの測定を行います。実際に車の運転も行い、その映像確認や指導員によるアドバイスを受けて問題なければ更新できます。

75歳以上で運転免許更新をする場合、その時までに軽微な違反がなければ、事前に認知機能検査を受けて記憶力や判断力の低下について確認します。問題なければ高齢者講習を受けます。一方、結果が悪い時は臨時適性検査や医師の診断を受けた後に、高齢者講習または免許停止や取消となります。なお、1度でも軽微な違反をすれば臨時認知機能検査の受講が必要です。問題なければ運転継続及び運転免許更新の講習となる流れですが、症状が悪いと臨時高齢者講習の受講や医師の診断書提出が要ります。結果次第では、免許停止や取消となります。

返納も選択肢の1つ

70歳以上になれば、少なからず認知機能の低下や運転時の判断の遅れが生じる可能性が高まります。運転免許更新の講習時には各種細かく検査をしてくれますが、それだけでは把握できない症状が生じかねません。

交通事故が起こるリスクの1つに、判断力の低下があります。たとえ安全運転を心掛けていても、咄嗟の反応が遅れることで事故が起こりやすくなります。視野角は通常の成人であれば200度は見れますが、高齢者になれば60度以下になるようです。その他、動体視力も低くなる傾向にあります。

各種リスクを防ぐのが難しかったり、少しでも不安がある人は運転免許の返納をするのも1つの方法です。移動手段が1つ減るのを懸念するかもしれませんが、多くの自治体では公共交通機関の割引のような特典が受けられます。


この記事をシェアする