末永く安全運転をするために運転免許更新時の講習について再確認をしましょう

>

優良運転者でなくても講習は必要な仕事

優良運転者以外の講習とは

一般運転者や違反運転者であれば、それぞれに応じた運転免許更新の講習を受けるようになります。1時間から2時間の受講となり、少し長目の時間設定です。

講習の内容は、提供された教本や資料に基づいた指導員による講義以外に、道路交通法の変更点や法令の見直しについて教えてくれます。そのうえで、いくつかの映像を視聴します。交通事故の事例以外に、著名人による交通事故のリスク説明や交通事故被害者の体験談などを視聴するようになるでしょう。改めて交通事故のリスクや対処について再確認を行い、日頃からの安全運転へと繋げます。

今は重大な事故を起こさなくても、小さな違反の積み重ねが重大事故を引き起こしかねません。運転免許更新の講習を通じて、安全運転における再確認を図りましょう。

普段から事故のリスクを下げる作業も必要

運転免許更新の講習が完了すれば、余程重大事故や点数超過がなければ次回は3から5年経過後となります。しかし、様々な理由で人によっては事故や違反を起こしかねません。

例えば、ドライバーがわき見運転などで油断をして運転に集中しない時に、適切な判断や操作ができないと事故のリスクが上がります。少なくても事故は起こると心掛けて、日頃から運転に集中するようにしましょう。

他にも、過労運転は事故を起こしやすい要因の1つです。睡眠不足や体調不良の状態で運転をすれば、集中力が低下をして漫然運転を起こしやすくします。それにより適切な判断や操作ができず、事故に繋がりかねません。疲労の蓄積を感じた時は、運転をするのを控えてください。なお、少しきついくらいの運動ができれば睡眠不足解消を図れるため、特におすすめです。


この記事をシェアする