末永く安全運転をするために運転免許更新時の講習について再確認をしましょう

>

運転免許更新時の講習の種類と意味について確認しましょう

優良運転者の講習とは

優良運転者の場合、講習時間は30分程度で済みます。道路交通法で変更があったことや法令に関する講義を受けます。近年であれば、妨害運転やながら運転のような情報も教えてくれます。時間が残れば交通事故の事例をはじめとした映像を視聴したうえで、交通事情の解説や交通安全における心構えの見直しをします。講習時間が経過をすれば免許更新となり、5年後に再度受講をします。

毎年何かしらの交通事故や運転におけるトラブルは少なからずあるため、道路交通法などの変更が出ます。優良運転者だから自分は大丈夫との気持ちを抱くかもしれませんが、加害者や被害者になるかもしれません。運転免許更新の講習の受講を通じて、事故のリスク低下以外にスムーズな対応をできるようにしましょう。

自分は大丈夫といった慢心は危険

優良運転者になれば、次回の更新まで5年以上の猶予が得られるうえ講習料金も抑えられます。様々な特典が得られるのも、大きな強みとなるでしょう。

しかし、次回の運転免許更新までの5年ありますが、時間の経過とともに交通事情や法令は少なからず変更が生じます。運転免許更新の講習は受講しなくても良いかもしれませんが、日頃からの交通に関する情報収集は欠かせません。少なくても、各種メディアの範囲でも良いので確認をしましょう。

また、妨害運転のような被害に遭う可能性もあるうえ、身近な人も交通事故やトラブルに巻き込まれる可能性があります。優良運転者での経験を踏まえて、交通に関する情報提供や安心安全な運転を促す作業も大事です。なお、優良運転者の声であれば、高い説得力があるかもしれません。


この記事をシェアする